ニキビ300

ニキビのために300万円以上かけた私から言えることとか好きなコトやつらいコトを

化粧下地を使わないメリット

今回はベースメイクの話のつづきをさせていただきます。

遅くなってしまいすいません。

 

前回の記事はこちら

huyukazeu.hatenadiary.jp

私のベースメイクはキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーだけです。 

 

まず最初に、ベースメイクをこれひとつだけにするメリットは

・メイク時間が短縮できる

 ・化粧直しが楽

・クレンジング剤を使わずに落ちる

ということです。

 

私が厚塗りメイクをしているときに悩んでいたのは、メイクの仕上がりや崩れ方がものすごく汚いことでした。

 

液状のものを塗り重ね、コンシーラーを使ってその上からパウダーを叩く。

この方法でニキビやニキビ跡の赤みは消えましたが、凹凸は逆に目立つようになりました。

 

理由はよく分かりませんが、メイクをすると凹凸の部分だけが輪郭がはっきりしたような感じで悪化したように見えるんです。

それに粉っぽい。


また、それ以上に悩んでいたのは、ほうれい線の部分にファンデーションが溜まってしまうことです。

 

沢山の物を重ねているので、化粧直しにも時間がかかるし、直した部分だけ不自然に薄くなってしまう…

 

 そんな悩みがありました

 

その間にもニキビは治ってはまたできるということを繰り返していて

そもそも今使っている化粧品は合っているのか

次は別のものを使った方がいいのか………

 

だんだん考えるのが面倒になってきました。

 

 

そこでたどり着いたのがパウダーファンデ(またはパウダー)のみのベースメイクです!

 

厚塗りメイクをして、家に帰ってきた私は少しでもメイクによる肌の負担を軽くしたくて、とりあえず水洗顔をしていました。

その後鏡を見ると、メイクが完全に残っている状態よりも肌がフラットになっているように感じたんです。

 

その感覚は1度だけではなく、

厚塗りメイクを水で軽く落とした後の肌がベストコンディションなのでは…?

と、誰に見せるわけでもない状態を満足げに眺めていました。

 

試しにその上からファンデを重ねてみると、案外いい感じ。

 

これはもしかして下地を使わない方が綺麗に見えるのではと思い、パウダーのみのメイクを始めました。

 

余談ですが

肌断食をしている状態だと、粉が全く乗りませんでした。

また、ワセリンを塗った上からだと油分でテカテカになってしまったためスキンケアは今でも続けています。

肌断食についてはまたどこかでお話しできればと思います。

 

 

パウダー(ファンデ)のみのベースメイクに変えてからは

毎日1時間かけていたメイクの時間が、20分ほどでできるようになり

化粧直しも、朝使ったものと同じものをサッと重ねるだけで元通りに

クレンジングをせずに洗顔料だけで落とせるので節約にもなっていいことばかりです!

 

なにより楽なのが1番良いです。

 

 

使うパウダーまたはパウダーファンデーションは、できれば日焼け止め効果があるものがいいと思います。

それとは別に日焼け止めを塗らなくても案外焼けません。

 

また、使うものによっては洗顔料だけだと落としきれないものもあるので様子を見ながら試してみてください。

 

 

では、次回は現在のスキンケアについて紹介したいと思います。

それでは。