ニキビ300

ニキビのために300万円以上かけた私から言えることとか好きなコトやつらいコトを

低用量ピルのデメリット、副作用

こんにちは。

今回は前回ニキビを治すと紹介したピルのデメリットについて紹介したいと思います。

 

一般的に言われているものを全部紹介するのではなく、私が実際に起こったもののみを書いていこうと思います。

 

まず一点

月経周期が28日ぴったりになった

これはメリットでもあり、デメリットでもあると感じてしまいました。

いつ月経が始まるのか分かるのは非常に安心しますし、楽ではあります。

しかし、私は周期に関してはほぼ安定しておりその周期は約30日でした。

多少ずれることがあっても、遅れることがほとんどでしたので28日で確実にくると、今までよりも頻繁に月経が来ているように感じ、多くの時間を生理と付き合っていかなければならないような気持になってしまったのが正直なところです。

(しかし、ピルを飲み始めてから5カ月がたった今、やっと月経痛が落ち着いてきており、多少の痛みはありますが寝込むことはなくなりました。)

 

 

平熱が上がった、汗をものすごくかくようになった

私の平熱は36.2~36.3度だったのですが、現在は36.8~37.5度です。

汗も異常なまでに出るようになりました。

 

申し訳ないのですがこれに関してはピルを飲んでいるのが原因とは言い切れないのが現状です。

年明けごろから体調を崩してしまい、自律神経の関係でこのような症状が出ている可能性も否定できません。

ただ、確実に言えることはここ数カ月は熱が高くなったことで疲れやすくなり、ゴミ捨てに行くだけで滴り落ちるほどの汗をかくようになったことです。

 

こちらの方の症状はもう少し様子を見ようと思っています。

 

 

私が感じた点は以上の2点でしょうか。

 

あともうひとつあげるとすれば、毎日薬を飲まなければいけないので

薬を飲み忘れやすい方はなかなか煩わしさを感じるかもしれません。

 

 

体温が上がってしまったこと、汗を物凄くかくようになったことは正直困っていますが、これからどんどん気温が下がっていくことで楽になっていく可能性もありますし、もともと低体温で重度の冷え症なのでもしかしたらこれくらいが丁度いいのかもしれません。

また、そのデメリット以上に、今まで多くのお金を出してケアをしていたニキビが良くなったのが私にとってはとても嬉しいことでした。

ヤズ(Yaz)