ニキビ300

ニキビのために300万円以上かけた私から言えることとか好きなコトやつらいコトを

ニキビ肌のメイク

何度かお話ししていますが、私のベースメイクはパウダーファンデーションを乳液(orクリーム)の上から直塗りして終わりです。

 

そんな私がニキビを目立たなくするために気を遣っていることがあります。

 

 

それは、リップを目立たせることです。

 

 

肌色は顔の中で大部分を占めています。

そこで、唇や目といった肌色以外の部分を目立たせることによって、そこに視線を集めることができ、ニキビの印象を薄くすることができます。

 極端な例ですが、例えば、眉をマッキーで黒く塗りつぶして太く書いた場合、おそらくほとんどの人は眉を見ますよね。

ポイントメイクを目立たせるのはそのような効果があります。

 

私の場合は目が一重なので簡単に強い印象が出せるようにリップを濃いめのものを使用するようにしています。

とはいえ、薄すぎるベースメイクにガッツリとしたポイントメイクは何かおかしいという印象を与えてしまうのでほどほどに。

 

マスクや厚塗りメイクをしなくても過ごせるように少し工夫してみましょう。

 

 

男性の方はおそらくこの方法は抵抗があると思いますし、そもそも化粧品を使うこと自体にも抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これは私の個人的な意見ですが、男性の方もニキビの赤みを隠すためにファンデーションやコンシーラーを使っても問題はないと思います。

私自身感じていたのは、人はそれほど他人の顔を見ていないということですね。

コンシーラー等で隠せる程度なら隠してしまった方が精神的にも良いでしょう。

初めてそういったものを使用すると、加減が分からずに化粧してます感が出てしまう可能性があるので身近な女性に聞いてみるのもいいかもしれません。

 

コンシーラーやファンデーションでどうにかなるレベルじゃないという方は、隠すことよりもまず治すことを考えましょう。

 

また、ファンデーション等の化粧品を使った際はその後、よく洗い流すことが大切です。

ものによっては洗顔だけでは落としきれないものもあります。

たとえ一時的にニキビを隠すことができても、メイクを落としきれていないと、そこからさらに悪化してしまう可能性もありますのでしっかりと落とすようにしてください。